太陽光発電の掃除は業者か雨に任せるのがオススメ

太陽光発電には、太陽光を受けるパネルの存在が必須です。

パネルで日の光を受けることで、その発電の仕組みは作動します。だからこそパネルは太陽が上がっている間は常にその光

が当たる位置にあるように、野外の太陽の下になくてはなりません。

建物や植物の影も邪魔になりますから、必然的に高い場所に置くことが多くもなります。普通に生活していては見えない高さにある太陽光パネルに対しては、人の手による掃除もしにくいため、降り積もるように砂埃や鳥の糞といった汚れが知らぬうちに蓄積していきます。当たる太陽の光で電気を作る仕組みの上では、砂粒ほどの小さなものでも、いくばくかの障害になりえます。効率よく発電するためには、どんな汚れだったとしても存在しない方が良いことに変わりはありません。

汚れたのが車や部屋であったならば、掃除機をかけてふきんで拭いてと気軽に清掃に挑めるのですが、屋根の上の太陽光パネルに対しては、掃除一つとってもそのハードルはそびえるように高くなります。

屋根の上に登っての作業は、行う人と太陽光パネルと屋根にかかる全てのリスクを考えれば気軽に挑戦できるものではなく、だからといって下から適当にホースの水をかけて、十分に汚れを落とせるかといえば答えは否です。水道の水を利用して、太陽光パネルにカルキが付着してしまったというトラブルも聞かれ、苦労と結果が見合っているとはいえません。

八方手塞がりの状況を解決するのは、太陽光パネルのクリーニングを行なってくれる専門業者によるサービスです。業者に依頼することにより、太陽光パネルは設置したばかりの輝きを取り戻すでしょう。

業者の作業には当然費用が発生しますから、パネルの発電効率のアップと比較して、どちらに利があるか考えてから行動するのが良いかもしれません。

業者を利用しない場合、最後に頼ることになるのが雨で、雨の力では無料で汚れの全てを洗い流してもらうことができます。全ては天候次第の運任せですが、直ぐに綺麗にならずともいつか綺麗になればよいと気長に待てるのなら、雨に任せてしまうのが最も楽な方法であることは確かです。