太陽光発電システムをこれから導入しても大丈夫なのか

太陽光発電を自宅の屋根に今後設置するかどうか迷っている人も沢山いることでしょう。太陽光発電を設置する際に気になることとして、まず設置費用が高いことがあります。恐らく最低でも100万円以上はかかるでしょう。

でも年々電気の買取価格は下がっています。早めに設置した人はそれなりに十分に利益が見込めますが、今後新しく設置するとなるとキチンと元が取れるのか心配に人も多いでしょう。

これに対しては売電価格が下がっている一方で、太陽光パネルの設置コストも年々下がっているという事実もあります。しかも技術革新によって以前よりも発電効率や設備の耐久性なども向上しています。

それを総合的に考慮すると、今から太陽光発電を導入しても十分に売電による利益が見込めると言えます。計算上は設置コストは10年で元が取れます。

それに対して太陽光パネルは最低でも20年は持つので、差し引きで10年間は丸々売電利益を享受できるわけです。費用対効果を考えると、これほど効率の良いビジネスは他には滅多にありません。

つまり現時点で考えても太陽光発電を設置した方が断然お得だといます。ただ今後電気の買取価格が更に引き下げられていけば、いつかはペイしなくなる可能性もあります。なので今こそ太陽光発電を取り付ける最大の好機だと言えます。

ところで屋根に太陽光パネルを設置すると、屋根が傷んだり雨漏りがする心配はないでしょうか。でもこれは杞憂に過ぎない話です。屋根の耐荷重性能とパネルの重さとを計算すると、屋根が破損祖たりダメージを受ける心配は全くありません。

太陽光発電に対して気になる点がある一方で、多くのメリットがあることもまた見逃せません。何といっても自宅でクリーンエネルギーを生み出して発電するという事は本当に有意義なことです。

自宅が小さな発電所になるということは実際に体験するとその素晴らしさが実感できます。自然環境にも貢献できるし、二酸化炭素の排出を抑える効果もあります。社会的に大きく貢献できる上に経済的な利益も得ることができるのだから、まさに今こそ思い切って太陽光発電を導入すべき時期なのかも知れません。