太陽光発電を設置してみて

我が家では家を新築する際に太陽光発電も一緒に設置しました。太陽光発電を設置するにも初期費用として結構金額がいきますが、将来の長い目をみて業者にシミュレーションも行ってもらってから設置することに決めました。

太陽光発電を設置するには屋根も太陽があたりやすい向きに設計したりするので家を新築する際に一緒に設置してよかったと思います。

実際太陽光発電を設置してみると1年間でトータルすると我が家の電気使用量よりは発電量が上回っているようです。設置の際の初期費用を考えるとまだまだマイナスですが、このままの調子で発電・買い取りを行っていけば将来的にはプラスになるような感じがします。

発電量は季節によっても様々でやはり冬は天気が不安定で日照時間も短いですので、満足できるほどの発電量には届きません。また冬はエアコンやこたつなどの暖房器具もたくさん使いますので電気使用量も多く、太陽光発電でまかなえることはほとんどありません。

それに比べて夏は発電量は電気使用量を上回るほどですが、日照時間も長い割にはあんまり発電できていないかなという感じもします。他にも太陽光発電を設置している家もあるのですが、話を聞くと夏は暑すぎて思っているほどは発電しないということでした。

1番発電しているのは春と秋の季節で、ちょうど過ごしやすい気温と日照時間もそれほど短くないので発電量も結構あるような気がします。もちろん雨が降ると太陽もあまり出ませんので発電はしませんが、天気の良い日は一日で結構な発電をしてくれていますので助かります。

太陽光発電を設置してみて本当にプラスになるのか疑問でしたが、自分が思っているほど発電量も悪くなかったので設置してみてよかったと思います。ですが、太陽光発電の買い取り金額が今よりも安くなってしまうと初期費用もふまえてプラスにするのは難しくなるのかなと思います。

現在は太陽光発電の普及もかなり進んでいますので、これから家を新築される際には太陽光発電を設置することを考えるのも良いと思います。