太陽光発電の仕組みとメリット・デメリット

太陽光発電とは、太陽の光エネルギーを太陽電池を用いて電力に変換し、家庭において電気を供給する発電システムをいいます。別名「ソーラー発電」とも呼ばれています。住宅用の太陽光発電システムでは、一般的に太陽電池を並べたソーラーパネルを屋根等に設置し利用されています。太陽光発電には様々なメリットがありますが同時にデメリットもあります。

まずはメリットから見ていきます。太陽光発電のメリットの1つとして、エネルギー源が豊富で尽きることなく、更にクリーンで環境に優しいという点が挙げられます。火力発電のように、石油を燃焼させ大気中に有害物質や汚染物質を放出させる心配もないので、今非常に注目されている発電方法です。次に設置場所を選ばず導入しやすいという利点があります。

システムの大小に関わらず発電効率に差が出なく、さらに設置する規模に合わせて大きさも選ぶことができるので、一般家庭から大規模施設まで様々な場面で用いることができます。設置場所として多いのが屋根や屋上ですが、最近ではビルに壁面に設置されることもあります。つづいて、ソーラー発電は非常にシンプルな構造のため維持管理がしやすいというメリットがあります。更にシステムの耐用年数が一般的に20年以上とされていて非常に長く使い続けることができます。

一方太陽光発電にはデメリットもあります。例えば発電量が不安定なことが挙げられます。天候や気候により発電量が大きく左右されてしまうので、もし設置する場合は設置する場所の日射量や条件について十分に調べる必要があります。次に設置費用が高いという問題があります。一般的な家庭にソーラーパネルを導入する場合の初期費用として、およそ100~200万前後かかるといわれています。ローンを組む必要性も出てくるので十分に検討する必要があります。しかし全体的にみてもデメリットよりも太陽光発電を導入した後のメリットが上回っているといえるでしょう。